トップ / 葬儀で慌てない為には

葬儀で慌てない為には

葬儀はプロへ任せよう

葬儀を安心して行う為のポイント

葬儀をするということは、穏やかなお別れの時間をきちんと設けることが必要になります。そのために、マナー等すこしでも知っておくことと、それと同時に、サポートをしてくれるような人がいるかを確認しておきましょう。より詳しく内容についてサポートしてほしいという事であれば、安心して任せられるプロに依頼するということも必要です。自宅で簡単にお別れをというのもいいですが、やはりプロにお任せして葬儀を取り仕切ってもらえるというのは、悲しみの心をより疲れさせるということがないとも考えられるのではないでしょうか。

教室

葬儀の服装マナーについて

葬儀と通夜は違います。まず、通夜は遺族や親族、故人と直接親交のあった知人が中心に参列して冥福を祈ることがおもな意味合いです。また、告別式に参列できないときも通夜に行くことができます。葬儀は、故人を送り出す正式な式になります。そのため、服装にもマナーがあります。告別式は正式な場であるため、男性、女性ともに喪服が基本的な服装になります。特に、喪主や親族などの近親者は黒喪服の着物であることが多いです。洋装の喪服も、殺生をイメージするファーや毛皮は着用しないという決まりがあります。

↑PAGE TOP