トップ / 最近の歯科の傾向とは

最近の歯科の傾向とは

歯科へは早めに行く

歯科に対する苦手意識は

歯科に対する苦手意識を持つ人は少なくありません。治療の痛みが苦手、音が苦手等、苦手意識を持つポイントは人によって様々です。ですが、歯の痛みがある状態で、苦手だからと治療をせずに放置しておく事はお勧め出来ません。歯というのは、一度、虫歯になってしまうと、自然に治癒していくものではありません。放置していると、症状が進行してしまいます。進行してから治療をすると、治療に時間がかかる事になってしまいます。ですから、痛みを感じるなど、異変を感じたら、早目に歯科に足を運び、適切な治療を受けるようにする事が大切です。

教室

大人でも子供でも歯の矯正を

矯正は大人になると時間がかかるということがいわれておりますが、実際は子供よりも大人の方が大人の歯は成長が止まっているために、子供よりも早く治療を終えることができます。歯並びが悪いままだと、頭を支えるためのバランスが悪くなるために、骨がゆがみ、肩こりや頭痛などの症状に悩まされてしまうことがあります。矯正をすると、それらの症状がなくなる可能性もあり、口元の見た目もよくなります。歯並びが悪いままの状態にしておくと、歯に余計な負担がかかるために、歯の寿命も短くなってしまうこともあります。

↑PAGE TOP